保育士

東京都の保育士は公務員の方が給料が高い?私立保育園との違いも紹介

【東京都】保育士は公務員の方が給料が安定している

東京都の公務員の給料は高いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

実際に月額平均給与が最も高いのは東京都だといわれています。

そこで、東京都の公務員保育士の給料を調べてみたところ、初任給は約22万円(地域手当込)でした。

ただ東京都職員として採用される保育士は主に、児童自立支援施設や児童相談所・一時保護所などに配属されます

 

東京都の公立保育園で働きたい場合は、東京都の区や市の公務員試験を受けなければなりません。

また自治体によって公務員保育士の給料は異なります。

例えば渋谷区の公務員保育士は、初任給が約19.5万円(地域手当込)です。

 

ちなみに東京都は公定価格がどこよりも高いので、民営の認可保育園でも給料が高い傾向があります。

また国や東京都独自の待機児童問題解消の対策で、保育士の給料はさらに改善されてきていますよね。

それでも未だに、「公務員保育士のほうが給料が良い」と言われる理由が気になる方も多いのではないでしょうか?

その理由は、民営の保育園よりも給料だけでなく待遇や賞与が良いからです。

ここでは東京都の公立保育園で働く、保育士の待遇や賞与について詳しく見ていきましょう!

民間の保育施設に転職するならまずは保育士バンク!』をチェックしよう!

園の雰囲気や待遇が丸ごとわかる便利なサイトの情報をご紹介します♪

記事はコチラ

 

公務員は待遇や賞与が良い

東京都の公立保育園で働く公務員保育士は、私立の保育士よりも待遇や賞与が良いところが魅力的です。

例えば先程給料をご紹介した東京都の渋谷区だと、地域手当の他に通勤手当、扶養手当、住居手当、期末・勤勉手当(賞与)など区役所職員と同じ手当を受けることができます。

また、女性の保育士は妊娠・出産した場合、一時的に職場を離れなければならない時がありますよね。

公務員保育士なら産休・育休を取ることができるので、女性保育士が長く働くことができるんですよ◎

だから民営の保育園に比べて公務員保育士は辞める人が少ないんです。

 

また定期昇給によって、勤続年数を重ねるごとにどんどん給料が増えていくところも魅力の一つです。

このようなことから、東京都の公立保育園で働く公務員保育士の給料は高い、安定していると言われているのです。

 

東京都の私立保育園と給料はどのくらい違うの?

東京都の公立と私立の保育園では給料はどのくらい差があるのでしょうか?

東京都は自治体によって違うのですが、保育士の初任給はおおよそ19万円〜20万円前後のところが多いようです。

私立の場合は正社員雇用で初任給21万円〜22万円前後です。

地方の私立保育園で働いたことがあるという方は、「東京都は私立でも給料が高いんだ…」と思う方も多いかもしれません。

 

実は東京都の公務員保育士の給料は私立とそこまで差はなく、むしろ私立のほうが高い傾向にあります。

だったら公立よりも受かりやすい私立の方が良いのでは…?

と思うかもしれませんが、待遇や賞与に関しては私立よりも公務員保育士の方が圧倒的に良いんです。

 

東京都の私立保育園の待遇や賞与

先程紹介した東京都の公務員保育士の待遇や賞与と、私立保育園の待遇や賞与にはどれほど差があるのか見ていきましょう。

まずは賞与ですが、私立保育園の場合はまず賞与があるところと、ないところがあります。

賞与があるところでも、支給される金額は給料の約2.7ヶ月分

それに対して公務員保育士の場合は給料の約4ヶ月分が支給されます。

私立と公立では賞与の額が全く違うことがわかりますよね。

年収で比べるとそこまで差が出ないようには調整してありますが、賞与がない私立保育園と比べるとその差は歴然です。

もし私立保育園も滑り止めで受けるという方は、「賞与あり」の保育園を選んだ方がいいでしょう。

 

また、待遇面でも差があります。

東京都の公務員保育士は、社会保険完備はもちろん通勤手当や扶養手当、住宅手当などもついているのでとても待遇が良かったですよね。

しかし私立保育園は、手当が充実していなかったり退職金が出ないところもあります。

こういったところで、私立と公立では給料に差が出てくるのです。

 

東京都の公務員保育士は正社員雇用が減ってきている

東京都の公務員保育士はとても待遇が良いので、将来のことも考えて目指したいという方も多いでしょう。

ただそれぞれの自治体では正社員雇用が減ってきており、アルバイト・パート雇用や任用職員(非常勤職員)の募集が増えてきているのが現状です。

アルバイト・パートや任用職員の採用試験は、公務員試験を受けなくても良いのですが、その代わり公務員保育士ほど待遇は良くありません。

待遇は自治体によって異なりますが、昇給や退職金がないところもあります。

 

また、職員採用については自治体のホームページにも案内が掲載されているのですが、正規雇用なのか任用職員の募集なのか分かりにくいところもあるので要注意!

正規雇用ではない場合は、「アルバイト」もしくは「任用職員」の募集と書かれていることが多いです。

保育士の正規雇用が減る中、東京都の公立保育園で働く保育士の倍率はどのくらいなのでしょうか?

次項から、倍率や募集要項などについて詳しく解説していきます!

 

東京都の公務員保育士の倍率と募集要項

東京都の保育士の公務員試験は自治体によって異なるので、まずは受けたい地域の募集要項を要チェック◎

ここでは例として令和2年に行われた渋谷区の職員募集要項を紹介します。

選考内容

  • 第一次選考・・・筆記試験(一般教養・専門40門・択一式) 1時間30分、作文(課題式 900〜1200文字) 1時間20分
  • 第二次選考・・・面接

令和2年に行われたこの保育士の公務員試験は、申込み期間が7月1日〜7月30日、第一次選考が8月23日、第二次選考が9月下旬に行われ、10月下旬に合格者が発表されました。

自治体によっては、実技試験が行われるところもあります

また選考内容だけでなく日程も自治体によって違うので、いつ試験が行われるのかしっかりと確認しておきましょう。

東京都職員の公務員試験の倍率は、4〜5倍です。

年度によっては7倍を超えることもあるほど狭き門です。

一方で、東京都の公立保育園で働く保育士は、区や市の職員になりますが、それでもハードルが高そうですよね。

確かに他の地方と比べると高めではあるものの、保育士の試験は3倍以下というところが多いようです。

例えば品川区は採用人数が60人(平成30年度)と多く、倍率も2.5倍と低めです。

ただ、民営化が進んでいる自治体(練馬区や杉並区など)は採用人数が少なく、狭き門になりつつあります。
また中央区・三鷹市・調布市などは採用人数が10人以下に対して、応募者数が30人〜と人気のため、倍率がなんと6倍以上になっています。

東京都職員の公務員試験以上に倍率が高い自治体があるので要注意です。

 

安定した給料を求めるなら公務員を目指そう

基本的に、東京都の公立保育園で働く保育士の給料は、民営の保育園と差が出ないように金額が調整されています

でも私立は、公務員保育士ほど待遇面が充実していないところもあり、経営状態によっては賞与がないという年度もあるかもしれません。

一方で公務員公立で働く保育士は、そんな不安がなく安定した給料で働くことができるところが魅力です。

 

ただ、公立保育園民営化や任用職員の採用が多くなっているので、保育士の採用人数が少なく、倍率が高い自治体もあります。

そのため、公務員保育士になるには努力が必要です。

今から試験に向けて勉強するという方は、専門分野だけでなく一般教養をおろそかにしないようにしましょう。

一般教養を勉強するために、専門学校に通う方もいます。

東京都で安定した給料で働きたい保育士さんは、ぜひ試験にチャレンジしてみてくださいね。


 

こちらも読まれています

横浜市の公務員保育士の給料はどのくらい?試験要項や試験難易度もチェック!

記事はこちら

-保育士

© 2021 保育士転職研究所