保育士 保育士転職

保育士の転職理由は良い保育環境づくりをアピール!面接で好印象を与えるコツ

転職時の面接で言う転職理由は、自分の印象を大きく左右する重要なポイントです。

あまりにもネガティブなことを言うと、イメージが悪くなってしまう事も…。

そこで好印象を与えられる「転職理由」について調べてみました!

記事をチェックして、面接で好印象づくりができる回答の準備をしてみてくださいね。

保育士の転職活動には日本最大級の転職支援サイト『保育士バンク!』がおすすめ!

転職活動中の保育士をサポートしてくれる保育士バンクについて調べてみました♪

記事はコチラ

 

保育士の転職理由「良い保育環境づくり」で印象UP

保育士の転職理由は様々ですが、転職理由によっては面接で悪い印象を与えてしまう場合があります。

例えばネガティブな表現の転職理由です。

このような転職理由の場合「それを改善する努力をした」と伝えると印象は改善されますが、つい話している時に愚痴のようになってしまう恐れがあります。

きちんと伝える自信のない方は、保育士として印象がよくなる転職理由を考えておきましょう。

 

良い印象を与えるコツは保育の場づくりに貢献するような転職理由を伝えることです。

なぜなら良い保育環境づくりというのはどの園も共通して目指していることだからです。

 

保育士に多い転職理由

良い保育環境づくりは建前として使えますが、実際のところ保育士の転職理由に多いのは給料の問題人間関係です。

様々な機関やサイトが独自に保育士の転職理由のアンケートを集計していますが、必ずと言っていいほど給料と人間関係の転職理由はランクインしています。

二つとも保育士の転職理由の1位2位争いをするほどです。

それだけの保育士さんが給料や人間関係に悩んで辞めることが多いのですが、この保育士の転職理由をポジティブに伝えるのはとても難しいことですよね。

ここでは保育士が給料や人間関係にどんな問題を抱えているのかを紹介します。

 

給料に納得がいかない

保育士さんの中には給料が少ないと感じている方がたくさんいるようです。

保育士はただでさえ多忙で体力を削るお仕事。

体を動かし続け、体面を気にしなければならないのでその仕事量に給与額が見合わないと感じる保育士が多いんです。

保育士の平均月収は24万〜25万円ですが、中には月12万しかもらえず、副業をしている保育士さんもいます。

せめて働きに応じた昇給や昇格があってほしいところですが、保育士はなかなかそれも叶いません。

このように給与額が少ないと感じる保育士さんが転職を考えるようです。

 

人間関係でトラブルがあった

人間関係を築くことは、保護者や子供達と接する上でとても重要なことです。

しかしコミュニケーションが得意な保育士でも、相手次第で人間関係がこじれることもあります。

例えばいじめパワハラなど、人間関係のトラブルとはどのようなことがきっかけとなって起こってしまうのか予測がつかないこともあります。

どうにか人間関係を改善しようとしても、こればかりはなかなか難しい問題です。

 

同じ保育士の同僚に相談できず、人間関係がストレスになって体調不良になってしまうこともあるほどです。

このような人間関係の悩みでストレスを抱えたままだと良い保育環境づくりなんてできませんよね。

こうして人間関係のトラブルを転職理由に辞める保育士が多いようです。

今の職場で悩んでいるなら保育士バンクに登録しよう!

現職から転職まで使える頼もしいサービス内容をご紹介中♪

記事はコチラ

 

転職理由の伝え方【面接篇】

保育士の転職理由は給料や人間関係が多いのですが、その内容を正直に面接で言ってはいけません

給料や人間関係の問題をそのまま伝えた場合、この人と充実した保育環境づくりができると思われるでしょうか?

もし「給料が低くて辞めた」と伝えると、「良い保育環境づくりよりも金銭面を重視する人」…つまりお金がないとちゃんと働かない人、誠意ややる気がない人というイメージがついてしまいますよね。

 

そして人間関係はより良い保育環境づくりには大切です。

ほとんどの保育方針は子供を中心に考えられて決められ、それに従って保育環境づくりをしていきます。

そして子供との関わりだけでなく、自分達に大切な子供を預ける保護者との信頼関係をきちんと築かなければなりません。

それなのに保育士の面接で転職理由を聞かれた時に人間関係のトラブルがあったと伝えると、良い保育環境づくりができるとは思えませんよね。

ではどのように伝えれば良いのか、ここでは保育士の印象アップの転職理由の伝え方を紹介していきます。

 

転職先の利益になる言葉を選ぶ

まず保育士の転職理由が好印象になるためには転職先の利益になるような言葉を選びましょう。

不利益な言葉…例えば「無理」「できない」「嫌」などを使うのはNG。

なんでも否定してしまうような保育士では、理想の保育環境づくりを目指すことなど到底できません。

NG表現の例文

「以前の園では主任が私に簡単な仕事ばかりを押し付ける嫌がらせをしてきました。こんな仕事ばかりできないとはっきり伝えましたが、まったく聞き入れてもらえなかったので退職を決意しました」

例えば上記ように伝えてしまうと勘違いされる可能性があります。

そもそも「簡単な仕事」と言っても具体的にどんな仕事だったのか面接官には伝わりませんよね。

また「こんな仕事ばかりできない」と仕事を軽んじるような発言をするのはよくありません。

逆を考えてみてください。

「どんな仕事でも与えられた仕事をしっかりとこなす」と言われたほうが、「この人はこつこつと丁寧に保育環境づくりをしてくれそうだな」と感じられますよね。

このように「園のために何かをしてくれる人」「保育の場づくりに貢献してくれる人」の方が面接官には好印象なのです。

では保育環境づくりに貢献するという点に着目しつつ、先程の文章を好印象に書き直してみましょう。

OK表現の例文

「以前の園では個人主義を徹底しているところがあり、職員によって仕事量に大きな差がありました。このままでは子供達にも影響をがあるのではと心配になり、何度も相談しましたが働き方の改善には至りませんでした。そんな複雑な思いを抱える中、貴園では職員との連携を重視し、コミュニケーションを大切にしていると伺いました。貴園なら子供達と共に育ち合えると思い、転職を決意しました。」

このように伝え方を変えると印象もガラリと変わります。

単純に「自分が嫌だから反論した」と言うのではなく、あくまでも子供達や保育園のためであると書き換えると、「より良い保育環境づくりに積極的な保育士」と好印象になりますよね。

 

良質な保育環境づくりを目指していることを伝える

冒頭でも書きましたが、ほとんどの保育園が良質な保育環境づくりを目指して保育方針などを掲げています。

その保育方針を実現させるには、保育士が一丸となって保育環の場づくりをしなければなりません

決して保育士という職業は自分ひとりの世界ではないのです。

 

先程のNGの例文は嫌がらせの被害者であるにも関わらず自分本位な印象を与えてしまう文でした。

だから面接官は良い印象を持たないのです。

前に務めていた園で不満を持ったのは、あくまでも子供達のためであり保育環境づくりを改善するためであると感じさせるような転職理由を考えるのがコツです。

こちらも読まれています

保育士の転職理由まとめ!面接で分かりやすく伝えるには?

記事はこちら

 

転職理由の伝え方【退職篇】

これまでは保育士の面接時の転職理由の伝え方を紹介しましたが、退職時にも保育環境づくりを基盤に転職理由を考えることをおすすめします。

結婚や妊娠などやむを得ない理由で辞める保育士さんはそのまま転職理由を伝えても大丈夫です。

しかし給料や人間関係のトラブルなどが転職理由の保育士さんは、明確に納得ができてポジティブな転職理由を伝えるのがコツです。

ではなぜ正直に伝えない方が良いのか、また転職理由の伝え方のコツなどをここでは詳しく解説していきます。

 

明確に納得ができる転職理由を伝える

保育士を辞めたい時に給料や人間関係のトラブルを伝えない方が良い理由は、引き止められる可能性が高いからです。

園側からすると「優秀な保育士には出ていってほしくない」「長く働いてほしい」という思いがあります。

スムーズに辞められる場合もありますが、保育士は職業がら高確率で引き止められると思っていた方がいいでしょう。

例えば給料が低いことを転職理由に辞めたいと伝えると、「昇給を考える」と言って引き止められることが多いです。

しかし「考える」だけでその約束が守られる保証はありません。

ここで判断しかねていると「あと1ヶ月くらい考えてみて」と言われてそのまま流されてしまい、結局退職できなくなることもあります。

そして保育士の人間関係については、もし園長や主任がトラブルについて知っているのであればすんなりと退職できる可能性があります。

しかし園長や主任がトラブルの原因だった場合…例えばパワハラ・モラハラを受けていたら退職を申し出ても「退職させない」と脅してくる可能性があります。

新たなトラブルに巻き込まれないためにも、保育士の誰もが納得する明確な転職理由を伝える必要があります。

ただハラスメント行為が酷く、それでも脅してくる場合は内容証明で園に直接退職届を出して退職を認めさせましょう。

円満な退職方法も保育士バンクがしっかりアドバイス♪

転職活動を丸ごとサポートしてくれる保育士バンクのサービス内容をまとめてみました!

記事はコチラ

 

ネガティブな表現をしない

誰もが納得する転職理由と言っても、表現の仕方が違うだけで印象の捉えられ方が全く違います。

例えば辞めるからと言って適当なことを言ったり、これまでの不満を伝えるのはNGです。

園側もできるなら気持ちよく送り出したいはずです。

それなのに不満ばかり言われると、辞めるまでに冷たくされたり、中には退職を伝えた途端にパワハラを受けるようになったという保育士もいます。

そんな被害を受けないためにもネガティブな表現は避けましょう。

結婚・妊娠・引っ越し・異業種への転職などは基本的にそのまま伝えられますが、給料や人間関係だとどうしてもネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

でも前向きな理由が思いつかない…!

そんな時も保育士としてどんな保育環境づくりをしたいのか頭の隅において考えてみてください。

例えば保育士の前向きな転職理由をとしてよく使われるのは「スキルアップ」です。

別の保育園に転職する場合は「他の園で働き、保育士としてのスキルアップをしたい」と伝えると納得もできますし、同じ保育士として応援したくなりますよね。

このように私情よりも誰かのためだと分かる保育環境づくりを基本に考えると保育士として好印象を与えることができます。

 

保育士の転職成功は保育環境づくりがポイント

保育士の転職を成功せるコツは「保育環境づくり」です。

転職理由につまづいている方は、保育士として自分がどのような保育環境づくりをしていきたいか考えると上手く言い換える事ができるでしょう。

そしてなるべく個人的な理由や私情を挟むような伝え方、ネガティブな表現は控えましょう。

 

転職理由によっては、考えるだけで気分が落ち込んでしまうかもしれません。

そんな時も良い保育環境づくりを考えると、それが保育士としての目標にもなることもあります。

そして次の就職先を選ぶ時にも、どれだけ充実した保育環境づくりができているかは判断基準になります。

保育士としてどうありたいかを考えるきっかけにもなるので、迷いのある方は保育環境づくりを中心に考えてみてくださいね。

保育士バンクは転職する保育士さんの強い味方!

28万人以上の保育士が登録したそのスゴイサービス内容を調べてみました♪


記事はコチラ

-保育士, 保育士転職

© 2021 保育士転職研究所