保育士 保育士転職

保育士の転職理由〜40代からの転職は困難になる?〜

保育士の転職理由が要!40代からの転職を成功させよう

40代からの保育士の転職って一筋縄ではいかなそうだなと悩む方も多いのでは?

40代にもなると次の職場を探せるのか不安になるところ…。

保育士の転職を成功させるには、なんといっても面接の印象を大切にしなければなりません。

面接の中でも、転職理由はとても重要なポイントですので、しっかりと準備しておきましょう。

40代にもなれば保育士として確実にキャリアを積んでいたはずなのに、なぜこのタイミングで転職を決めたのか面接官もその転職理由を知っておきたいと思うのです。

また、転職理由は合否の判断材料にもなります。

転職を決めた理由について聞かれた時には、きちんと答えられるようにしておきたいですね。

ここではまず40代の保育士の本当の転職理由や、転職できるのかについて解説していきます。

保育士の転職活動には日本最大級の転職支援サイト『保育士バンク!』がおすすめ!

転職活動中の保育士をサポートしてくれる保育士バンクを調べてみました♪

記事はコチラ

 

40代で転職する本当の理由とは?

保育士40代によくある転職理由が子育てです。

子育てに一段落ついたから再び復帰したい」という転職理由が比較的多いようです。

その他の転職理由には、キャリアアップのために転職する保育士さんもいます。

若い頃はパートの保育士として働いていたけど、「40代からは正社員の保育士雇用を目指す」という方もいます。

 

また長年のキャリアがある場合は、「園長や主任を目指すため」という転職理由を持っている方もいます。

公務員保育士の場合、園長になるには公務員試験に合格し、その後ある程度実績を積んだ後に昇格試験を受けることで園長になることができます。

ただ私立保育園の場合は園長候補を求人で探していることがあるので、公務員保育士よりも気軽に受けられることができますよ!

このように、子育てやキャリアアップが転職理由の場合は面接でそのまま伝えても大丈夫です。

 

保育士の転職は40代でも需要あり

どんな転職理由でも、40代からの保育士の転職には少し心配な部分もあるでしょう。

でも安心してください。

保育士の需要は高く、経験者を率先して雇用する園もあります。

実際に令和2年の有効求人倍率は2.45倍、つまり一人あたりに対して2件以上の求人があるということなのです。

一般企業の求人に比べるととても保育士の有効求人倍率は高い事がわかりますね!

 

さらに保育士は経験が物を言う職業でもあります。

だからこそ転職理由が「子育て」で、その期間ブランクがあったとしても保育士の経験者は優遇されるのです。

確かに20代・30代の保育士に比べて雇用されにくいかもしれませんが、経験者優遇と書かれている求人に絞ると転職も成功しやすくなるはずです。

 

40代の保育士に心配されがちなこと

保育園に勤務する保育士の年齢の割合(2011年)は20代は32.0%、30代は25.3%、そして40代は19.9%と低くなります。

この数字だけ見ると、やはり40代には厳しいのかな…と感じてしまいますよね。

ただ公務員保育士に関しては50代で31.9%を占めるほど割合が多いのです。

これは公立が福利厚生が整っており、離職する確率が低いからだといわれています。

40代から公務員保育士を目指すのは難しいですが、このように年齢を重ねてもベテランとして現役で働き続けられるんです。

しかし40代の保育士に転職の需要はあるものの、20代・30代とは違って心配される面もあります。

 

保育士には必要な体力と健康面

体力や健康面に関しては保育士としても重要なこと。

面接でも健康診断書の提出が求められることがあります。

特に40代は体質が変化しやすい年齢でもあるので、健康面においても無理をしてはいけません。

例えば子育てが一段落ついてから転職するのであればある程度休む余裕もありますが、子育てと保育士を両立するとなると無理をしてしまう可能性もあります。

選考の面接で「休日何をされていますか?」という質問をされることがあります。

これはしっかりと休暇を取ることができているのか確認するための質問でもあります。

そのため、「家事をしたり子どもの面倒を見ています」と答えると「体力的に大丈夫かな?」と面接官が心配してしまう可能性もあります。

面接の時には体力面に関してそれほどアピールする必要はありませんが、聞かれたら問題ない旨を伝えましょう。

 

年齢制限がある保育園もある

保育園によっては年齢制限がある場合もあります。

ただ特例以外は年齢制限は原則禁止となっているので、求人情報にはっきりと〇〇歳までと書かれることはありません。

そのかわりに「20代〜30代の方活躍中!」と遠回しに書かれていることがあります。

このようなところは書類選考の時点で落とされることが多いです。

 

また公務員保育士に関しては公務員試験を受ける年齢が30歳までと年齢制限を決めている自治体が多いので注意が必要です。

そのため40代から公務員保育士を目指すのは難しいのです。

40代からは私立の保育園で「20代〜50代まで活躍」「中高齢の経験者優遇」など、40代以上でも歓迎されているような求人に絞ると転職先を選びやすくなります。

 

40代の面接での転職理由の伝え方

これまで、40代の保育士がどのような転職理由を持っているのかを紹介しました。

40代に多い転職理由の「育児に一段落ついた」「園長を目指したいと思った」の二つは正直に話しても構いません。

ただ転職理由は伝え方を間違えないようにしましょう。

「園長を目指したいと思った」という転職理由で例えると、まずは園長を目指す経緯を説明すると思います。

その時に「前の園では正当な評価をしてもらえなかった」というようなマイナスな印象を与えるような理由を伝えるのはNG

この転職理由の場合、「正当な評価」という部分がとても曖昧で、本当にこの人の実力があるのか判断しにくいからです。

上手くフォローすることもできますが、あえて言う必要はありません。

それよりも、スキルアップしたいと思ったきっかけなどポジティブな転職理由を伝えた方が好印象に繋がります。

 

これまでのキャリアをアピール

40代の保育士の強みは経験値なので、転職理由でもそれを積極的にアピールしましょう。

保育士はキャリアを積むほど重宝される世界でもあります。

これまでどんなことを経験してきたのか、転職理由とあわせて伝えることでより具体的でわかりやすくなります。

キャリアのアピール例

これまで主任保育士として、人間関係の構築に力を入れてきました。円滑な運営、そして子どもや保護者から信頼を得るには職員同士の良好な人間関係が必要だと考えております。そのため月に1回は職員との面談を行い、何かあれば気軽に相談できるような環境づくりを大切にしてきました。

このように責任ある立場でしっかりと経験を積んできたこと、そして自分の考えや意見をきちんと伝えるのがポイントです。

 

保育士としてブランクがある場合

どんなに転職理由や志望動機を考えて面接対策をしても、ブランクがネックになって落とされるのではないかと不安になる方もいるでしょう。

ただ子育てが転職理由の場合、育児期間のブランクに関してはそれが強みに変わることもあります。

ブランクというとマイナスなイメージを持たれるかもしれませんが、転職理由を少し言い方を変えるだけで好印象を与えることができるのです。

ブランクを好印象に伝える例文

  • 「実際に自分の子どもを育てたことの経験を活かしたい」
  • 「育児を経験したことがあるからこそ保護者の気持ちを理解できる」

このように育児期間も自分のキャリアとして面接官に伝えることができます。

また保育士から異業種で働き、再び保育士として働きたいという方もいると思います。

その場合もそこで学んだことを活かして、再び保育士として働きたいと働く意欲を示すような転職理由を伝えると印象がUPしますよ!

 

理想の園と出会いたいなら保育士バンク!

転職にとっても便利なポイントをご紹介しています♪

記事はコチラ

 

ライフステージにあわせて異業種への転職もあり

先程の心配されがちなことでも紹介したように、40代になって体力に心配が出てきたという方も多いと思います。

特にブランクがあると、以前のように働けるか不安ですよね。

体力的に厳しいという転職理由を持つ保育士さんもいます。

実はライフステージにあせて保育士の資格を活かせる転職先は園以外にもあります。

体力に限界を感じる方や働ける時間的に園は厳しいという方は、思い切って異業種を選ぶのも選択肢の一つです。

ここでは保育士資格を持つ40代におすすめの転職先を紹介します。

 

40代におすすめのキャリアを活かせる転職先

40代の保育士のキャリアを活かせる転職先をまずはまとめました。
転職理由が体力や健康面に関することでも働きやすい職場を厳選しているのでぜひチェックしてみてください!

40代保育士におすすめの異業種

  • 託児所
  • 児童館
  • 学童保育
  • ベビーシッター
  • 保育ママ
  • 居宅訪問型保育
  • 企業内・病院内保育施設
  • 病児保育施設

これらの職業は大規模の園のように多くの子どもを預かったり、頻繁に行事をすることがありません

そのため、体力面が心配な方でも働きやすいのです。

ちなみに異業種の面接で転職理由を聞かれても、体力については話さなくても大丈夫です。

ただ仕事に支障が出るような持病がある場合は正直に伝えましょう。

 

また時間の融通が利くところがいい方はベビーシッター保育ママ居宅訪問型保育学童保育託児所がおすすめです。

これらは自分の働ける時間にシフトを組んでもらいやすかったり、就業時間が5時間前後と短いところが魅力的です。

働ける時間に関しては面接時にしっかりと伝えましょう。

キャリアを活かせる転職先探しは保育士バンクがおすすめ!

多くの保育士が利用した保育士バンクのサービス内容を解説しちゃいます♪

記事はコチラ

 

保育士は40代でも転職しやすい!

保育士はそれまでの経験で優遇される職場です。

そのため40代でも就職しやすく、40代以上のベテラン保育士さんもたくさん働いています。

そのキャリアを活かして園長や主任保育士を募集しているところに思い切って転職するのもアリ!

 

転職理由が体力的に難しいという方でも、働きやすい異業種もあるので安心してください。

ぜひ自分のライフステージにあわせた職場を探してみてくださいね!


-保育士, 保育士転職

© 2022 保育士転職研究所