保育士 保育士転職

保育士の転職理由SE編〜未経験でもエンジニアに転職できる?〜

【保育士の転職理由】SEに転職したワケとは?

保育士は異業種への転職が難しいといわれています。

SEへの転職を決めるだけでも相当勇気がいりますし、それだけ悩みますよね。

そもそも今まで保育士として勉強してきたのに、全く別の分野であるSEの専門技術を身につけるのだって大変です。

それでも実際にSEへの転職を成功させた方がいるのです。

ではSEに転職した保育士さんにはどのような転職理由があったのか、どういう思いで転職を決めたのかをここでは紹介します。

保育士さんの転職は保育士バンクがおすすめ!

多くの保育士さんが登録・利用する保育士バンクの魅力を徹底解説します!

記事はコチラ

 

憧れの保育士になれたけど現実は違った

多くの方は「子どもが好き」「保育園の先生に憧れて」「幼い兄弟の面倒を見ていた」というような理由で保育士を目指したと思います。

でも実現した保育士の仕事は理想や憧れとは違い、想像以上に大変だと感じた方は多いのではないでしょうか。

子どもを預かるという責任のある立場に置かれ、さらには保護者の対応をしなければなりません。

それに加えて掃除や片づけなどの雑用、ミーティング、他の職員との人間関係など、ただ単純に子どものお世話をするだけの仕事ではないのです。

そのため、自分が思い描いていた保育士の仕事とは違ったという転職理由でSEを目指した方もいました。

 

保育士として働けなくなった時のため

3年以上キャリアを積み、安定して働いている保育士の中にも、SEなど異業種への転職を考えている方もいるそうです。

なぜ安定して働けているのにSEを目指すのかというと、今後保育士として働けなくなった時のためです。

順調な方の場合、今後について考える余裕があるため、将来について不安になるという方は多いようです。

新卒の頃はそこまで考える余裕がなかったものの、慣れてくると色々と先のことまで考えてしまいますよね。

 

特に保育士は体力勝負のお仕事です。

もしも病気や加齢で働けなくなった時、他の業種に就いたとしてもビジネスメールさえも書いたことがない…そうならないためにもっと他の仕事を知りたいと思ってSEに転職したという例もあります。

このように将来への不安があったという転職理由を持つ保育士さんは多いようです。

 

SEの面接で転職理由を言う時のポイント

面接では転職理由をどのように伝えれば良いのでしょうか?

先程紹介した転職理由のうち、「保育士として働けなくなった時のため」という転職理由は正直に伝えてもOKです。

加えて「保育士では得られないスキルを上げたい」と働く意思を伝えられるような転職理由を話すといいでしょう。

ただ「憧れの保育士になれたけど、現実は違った」という転職理由は伝えない方が良さそうです。

なぜなら良い印象にはならないからです。

面接時には好印象を持ってもらうことが大切ですので、転職理由について話すときはマイナスの表現とならないように注意が必要です。

例えば「現実は違った」と伝えると、SEの職についたとしてもまた「現実は違った」と言ってすぐに辞めてしまうのではないかと面接官は思ってしまいます。

このように転職理由は印象を決めることにもなりかねません。

そこで、ここでは印象アップを狙える3つのポイントをご紹介します。

こちらも読まれています

保育士が転職理由でITエンジニアとして採用されるには?面接のポイントを紹介

記事はこちら

 

なぜSEになろうと思ったのかを明確に伝える

面接で転職理由を伝える時には、SEになろうと思ったきっかけを明確に伝えることができるようにしておくと説得力が上がります。

例えば、今後の為に仕事の幅を広げたいという転職理由に加えて、

保育士として悩んでいる時期に、システムの設計をするために顧客との密接なやり取りを必要とするSEという仕事を知り、興味を持ちました

と伝えると、働く意欲まで相手に伝えることができます。

転職理由に加えて、SEを知ったきっかけや、なろうと思ったきっかけを話すだけでも説得力が違いますよね。

 

言わないことを事前に決めておく

冒頭でも触れましたが、良くない印象を持たれやすいような転職理由はあえて伝える必要はありません。

なぜなら愚痴や不満に聞こえてしまう可能性があるからです。

ここでは面接では言わない方が良い転職理由を紹介します。

面接でNGの転職理由

  • 人間関係のトラブル
  • 給料が低い
  • 仕事量が多い

SEはクライアントとの関係性が重要になる仕事なので、コミュニケーション力が大切です。

そのため、人間関係のトラブルがあって保育士を辞めた場合でも、そのことを転職理由として伝えると良い印象は与えられません。

 

また給料が低いという転職理由もNGです。

給料で仕事を選んでいると思われますし、IT企業は公務員保育士ほど安定している仕事ではありません。

そのため、給料を転職理由として伝えると印象が悪くなってしまうのです。

 

そして仕事量の不満も言ってはいけません。

会社によって違いますが、SEの仕事は時には残業もしなければならないほど忙しいことがあります。

仕事量が多いから保育士を辞めたと伝えると、「うちも結果を出すためにそれなりの仕事量があるけど大丈夫?」と聞かれてしまうかもしれません。

また仕事量が多いか少ないかという基準は個人によって違うので、もしSEになって正当な仕事量を与えても「多すぎる」と言われると雇う側は困ります。

特に元保育士という全く別の業種からの転職なので、仕事量に関する転職理由は言わないほうが良いでしょう。

このような転職理由は予め言わないと決めておくと、面接で話が盛り上がっても失言することも少なくなります。

 

保育関係で培ったスキルをアピール

面接で転職理由を伝える時には、保育士として経験を積んだスキルをアピールしましょう。

中には元保育士は使えないと判断するシビアな思考を持つ人もいます。

それはどんなスキルを持っているのか詳しく知らないからです。

でもSEは保育士のスキルを活かす事ができる業種です。

SEはクライアントとのやり取りが必要不可欠な仕事なので、コミュニケーションスキルが高い人材が求められます。

また、計画通りに人をまとめたり、スケジュール管理を行うことができるマネジメント能力も必要です。

このようなスキルは保育士として培ってきた能力に値すると考えてOKです。

転職理由を伝える時、SEに惹かれたきっかけが思い浮かばないという方は「保育士として培ったコミュニケーションスキルをSEで活かせると思った」という旨を伝えるといいでしょう。

 

保育士の転職先にSEを選ぶ理由

今、異業種への転職を考えている方の中には、まだどの職種にするか迷っている方もいるのではないでしょうか?

すでに転職を成功させた保育士さんが、なぜIT系の職種を選んだのか気になりますよね。

先程の転職理由でコミュニケーションスキルやマネジメント能力が活かせると書きましたが、それだけで選んでいるわけではありません。

ここでは、保育士のスキルを活かすという理由以外になぜSEを選んだのかをまとめています。

異業種に転職しようと考えている方は参考にしてみてください。

 

未経験でも安心!研修のある会社が多い

SEを目指す理由は、学歴不問未経験でも求人を募集していることが多いからです。

保育士はビジネス業界では優遇されないという噂まであるのですが、IT業界では学歴などで人の実力はあまり判断されません。

どちらかというと、会社に入ってからの実績を重視されます。

そのため、未経験者でも活躍できるように丁寧な研修を行っているところが多いのです。

知識0からスタートするのが不安だという方は、職業訓練プログラミングスクールで必要スキルを学んでから面接に挑むと、より成功する確率があがり自信にも繋がります。

このような理由から、元保育士でもSEの仕事がしやすいといわれているのです。

ただ面接の時には技術面に関してはできること、できないことを正直に伝えましょう。

未経験ですが、こちらでは丁寧な研修をされていると聞きました」と言えば、働くだけでなく学ぶ意欲もあると伝わるので大丈夫です。

 

ゲームやネットサーフィンなど趣味を活かせる

特に男性保育士に多いのが、ゲームやネット関連の趣味を活かせるという点です。

会社にもよりますが、システムエンジニアはコンピューターシステムの開発に携わる仕事です。

クライアントの要望を叶えるようなシステムの開発をしなければいけません。

またIT業界は流行の入れ替わりがとても早いので、それに対応していく必要があります。

 

つまり、日頃からネットメディアや新聞・雑誌を読んでいたり、ゲームやアニメなど流行りものに敏感な人材が求められるのです。

そのため、自分の趣味を活かせると感じてSEを志望する保育士もいるようです。

ちなみにIT企業にはゲームやアニメ好きの方が多い会社もあるので、他のエンジニアと交流する時にゲームやアニメの話題を持っていると強みにもなります。

 

 

保育士からSEへ転職を成功させよう!

保育士からSEになるには新たに学ぶことが多くなるので大変です。

しかし、学びやすい環境が整っていることから転職先にSEを選ぶ保育士さんが多く、スキルアップも目指せます。

面接時、保育士時代の不満や愚痴をぶつけないのが転職理由を話すときのポイントです。

また保育士として培ったスキルもきちんとアピールすると成功率もぐんと上がります。

もしまだ転職するか迷っている方は、この記事を参考にして検討してみてください。


保育業界の転職なら業界トップクラスの求人数を誇る保育士バンクがおすすめ!

多くの保育士が利用した保育士バンクのサービス内容を調べてみました♪

記事はコチラ

-保育士, 保育士転職

© 2022 保育士転職研究所