保育士 保育士転職

【保育士の年収】男の年齢別の平均給与や将来性について紹介

保育士の年収は?男の場合は一般企業より低いのか

保育士を目指したいと思うものの、年収が気になるという方も多いのではないでしょうか?

性別で保育士の給料を比べると、男のほうが収入は多いです。

それぞれの平均年収は、女が約355万円男が約389万円です。

※平均月給の12ヶ月分に年間賞与・特別給与の平均額を足した値

 

男と女では34万円も差があるので、男の方が給料が高いように見えますよね。

でも一般企業と比べると、保育士の年収は低いといわれています。

どのくらい低いのか比べる前に、まずは男の保育士の年収について詳しく見ていきましょう!

 

年齢別平均給与と年収まとめ

男の保育士の平均年収は約389万円ですが、年齢によって金額が大きく違ってきます。

それに、年齢が上がるにつれて、どのくらい給料が上がるのか気になりますよね。

そこで、年齢別に男の保育士の平均月給と年収を調べてみました。

【男】年齢別の平均月給と年収
年齢 平均月給 年収 労働者数
20〜24歳 21万円 296万円 336人
25〜29歳 23万円 344万円 285人
30〜34歳 27万円 413万円 327人
35〜39歳 29万円 436万円 166人
40〜44歳 41万円 638万円 72人
45〜49歳 29万円 444万円 55人
50〜54歳 30万円 481万円 11人
55〜59歳 41万円 654万円 13人
60〜64歳 31万円 487万円 26人
65〜69歳 - - -
70歳以上 24万円 378万円 11人

※年収は平均月給の12ヶ月分に年間賞与・特別給与の平均額を足した値

20代と60代の保育士の給料を比べると、およそ200万円ほど年収がアップしていることが分かりますね!

平均月給はそこまで差があるようには見えませんが、年齢を重ねるごとに賞与・特別給与が劇的にアップしていきます。

 

40〜44歳、55歳〜54歳の年収が600万円を越えているのは、おそらく主任や園長などの役職についている人が多いからです。

実際に、労働者数の推移を見ても分かるように男は辞める人が多く、40代以降で保育士を続けている人のほとんどが役職についている可能性が高いといわれています。

 

保育士と一般企業の年収比較

それでは、年収について詳しく分かったところで、保育士と他の業種はどのくらいの差があるのか見ていきましょう!

保育士の給料の低さで悩み、転職を考えている人も、どの業種だと給料が良いのか参考にしてみてください。

【男】保育士と業種別の年収比較
分類 年収 平均年齢
保育士 389万円 31.9歳
建設 572万円 45.4歳
卸売・小売 570万円 43.4歳
情報通信 652万円 41.3歳
金融・保険 801万円 43.6歳
不動産・物品賃貸 589万円 43.6歳
宿泊・飲食サービス 415万円 42.6歳
生活関連サービス・娯楽 440万円 42.1歳
教育・学習支援 733万円 47歳
医療・福祉 552万円 41,.4歳
複合サービス事業 531万円 43.7歳

他の業種と比べても、保育士の平均年収は低いことが分かりますね。

他の業種の中でも一番低い宿泊・飲食サービス業と比べても、26万円も差があります。

 

ただ、保育士の平均年齢が低い(31.9歳)という点に注目です。

先程の年齢別の給料の表を見ると、40代はおよそ400万前後でした。

役職に就いている保育士の割合が多いと推測される年代は600万を越えています。

確かに男の保育士の年収は低いですが、年齢で比べるとそこまで差はありません。

 

男の保育士の待遇

保育士の月給を年齢別に見た時に、賞与・特別給与が年々上がっていると軽く触れましたよね。

では、賞与や特別給与などの待遇面では、一般企業と比べてどのくらい差があるのでしょうか?

 

男の保育士の賞与・特別給与の平均額は約72万円です。

金額だけ見てもピンとこないかもしれませんが、実は保育士の賞与・特別給与の額はそこまで低くはないのです。

他の業種では、最高額が金融業・保険業で約203万円最低額が宿泊・飲食サービス業で約45万円でした。

年収で比べると宿泊・飲食サービス業の方が高いのは、月給が保育士よりも高いからです。

男の場合は、賞与・特別給与はそこまで悪くはないので、月給が一般企業と同じ水準になれば年収も上がると考えられます。

 

年収が低いことによる悩み

男の場合、保育士の年収が低いとどのような影響があるのでしょうか?

女性とはまた違った悩みも出てきますよね。

年収についてどんな悩みがあるのかについて、まずは簡単にまとめました。

  • 結婚相談所の入会が難しくなる
  • 結婚に踏み切れない
  • お金のやりくりが難しい
  • 社会的地位が低く見られる
  • 共働きの必要がある
  • 自分に自身が持てない

収入が低い男は、このような悩みを持っているようです。

一般的に女性は400万円未満の男の年収は低いと感じるそうです。

結婚を考える時に400万円未満だと、なかなか踏み切れない女性も多いといわれています。

また高収入を売りにしている結婚相談所は、年収300万円未満の男の入会が難しいといわれています。

給料面は分かりやすい長所なので、重要視するところが多いのです。

給料が低い場合は、顔が良くて若いなど他のステータスが高くないと難しいといわれています。

 

ただ、もちろん年収400万円前後でも結婚している方もいます。

お金のやりくりが大変ですが、逆に節約が上手になってやりくりするのが楽しくなったという方もいるので、悲観的になる必要はありません。

しかし一般企業よりも保育士の給料は低いので、社会的地位が低いと思われたり、自分に自信が持てないと感じる方もいるようです。

実際に男600名に聞いた年収による自信の有無のアンケートで、年収1000万円以上は64.5%の人が「自信がある」と回答しました。

それに対して300万円未満は17%300万円以上500万円未満は24.8%の方が「自信がある」と回答しています。

年収が低いことで自信が持てない男の保育士の場合、仕事を辞めてしまうということもあるようです。

転職しようかな?そう思ったら保育士バンク!が便利!

転職活動をフルサポートする充実のサービス内容をご紹介します♪

記事はコチラ

 

男の保育士に将来性はあるの?

男の保育士は他の業種と比べると平均額が低かったので、これから保育士を目指す人は将来大丈夫かな…と心配になると思います。

実際に収入が低いと様々な悩みがあり、40代に入る頃になると急激に保育士の数が減っていました。

給料が低いことを理由に保育士をやめてしまう方もいます。

でも給料が低いからといって、将来性がないというわけではありません!

役職を目指すことで給料アップに繋がります。

各役職の年収は、主任が約507万円園長が約679万円なので、将来結婚を考えたり安定した生活を求めている方は役職を目指すと安心です。

主任・園長はハードルが高い…と思う方は、まずは専門リーダーや副主任などを目指すといいでしょう。

主任・園長ほどではないですが、月額5,000円〜4万円の給料アップが見込めますよ◎

また、公務員保育士ならさらに昇給しやすくなります。

 

どちらにせよ、一般職員よりも責任が重く大変な仕事にはなりますが、みんなから頼られる保育士になれば、もっと仕事に対するやりがいも感じることができるでしょう。

夢を叶えるために保育士になりたいという方は、悲観的になりすぎずキャリアアップを目指してみてください

こちらも読まれています

保育士の転職理由とは?スキルアップしたいならどうすればいい?

記事はこちら

 

男の保育士の給料は女性よりも高い!

保育士は女性の割合が多いですが、男の方が女性よりも給料が高く、安定しています。

給料問題では女性の方が深刻ではありますが、男は男で悩みがありましたよね。

将来性がないわけではありませんが、今すぐにお金が必要だという方は転職を考えてもいいでしょう。

ただ専門学校を卒業していると、異業種には転職しづらいのが現状です。

もし異業種への転職したいという方は、その業種に必要なスキルを事前に学んでおくと就活しやすくなります。

必要な技術は職業訓練で学べることもあるので、一度転職したい業種について調べてみてください。

 

また、保育士は辞めずに給料の高い保育園に転職するのも手段の一つです。

保育園は地域によって給料に差があります。

東京や神奈川などは比較的給料が高いので、このような地域を選んで就活をするのもおすすめです。

就職先を選ぶ時には、年収を気にするだけでなく、男でも働きやすい環境なのか事前に園見学をして確認しておきましょう!

長く続けるだけでも給料UPに繋がりますよ◎


保育業界の転職なら保育士バンクをチェック!

豊富な求人情報から理想の職場を見つけてみよう♪

記事はコチラ

-保育士, 保育士転職

© 2021 保育士転職研究所