保育士 保育士転職 幼稚園教諭

認定こども園で働く保育士の給料事情!初任給はいくら?

保育園や幼稚園、そのどちらとも違う新たな保育施設である認定こども園。

待機児童問題がささやかれる今、認定こども園の数は年々増え続けています。

この新しい保育施設「認定こども園」、は元来の保育施設と何が違うのか気になっている保育士さんも多いのではないでしょうか。

今回の記事では保育士さんが気になる認定こども園をテーマに、給料事情(初任給)、そして従来の保育施設との違いなどをまとめました。

認定こども園の給料や施設内容などを詳しくご紹介いたします。

 

認定こども園で働く保育士の給料はいくら?

認定こども園で働く保育士さんの給料の平均がどのくらいなのか、気になりますよね。

調べてみたところ、認定こども園(私立・公立)の給料の平均は25万程度のようでした。

年収に換算すると約330万程ですので保育士の平均よりは少し高く感じますが、こちらは私立公立すべてを平均した給料になります。

 

「じゃあ私立(もしくは公立)の認定こども園の保育士の給料の平均はどのくらいなの?」

「平均はわかったけど、初任給って大体どのくらい?」

「幼稚園と保育園との違いはある?給与面だとどこが一番良い?」

と気になった方も多いのではないでしょうか。

そこで私立、公立それぞれの場合の保育士の平均給与額、そして多くの人が気になる初任給や幼稚園・保育園との給与の違いについてご紹介しましょう!

 

私立・公立

私立と公立の認定こども園の給料を調べてみました。

  私立  公立  
保育教諭  約22万 約29万
主任保育教諭 約29万 約54万
園長 約40万 約51万

※平成28年度の内閣府による実態調査参照

私立は平均勤続年数9年で平均給料は22万円、公立は平均勤続年数12年で平均給料は29万円という結果になりました。

公立のほうが同じ園で長く働く保育士が多いこともあり、私立に比べると昇給率も高いようです。

また、認定こども園は年々給料が全体的に上がってきているので、今後も給料が高くなる可能性がありますね。

 

認定こども園の初任給はいくら?

認定こども園の給与の平均額をご紹介しましたが、初任給も気になりますよね!

認定こども園に勤める保育士さんの初任給は、平均20万前後と平均的な保育士の給料といえるのではないでしょうか。

もちろん、施設によって初任給の額面は異なりますが、保育士さんの平均的な初任給と大きな差はないと考えても良さそうです。

初任給の詳しい情報が気になる方は、希望するこども園の募集要項などを確認しておきましょう!

初任給などの給与面の他にも、待遇や福利厚生などの情報も是非チェックしてくださいね。

認定こども園の転職情報も満載!

転職支援サイト「保育士バンク!」で気になる給料や待遇・福利厚生を調べよう♪

記事はコチラ

 

幼稚園や保育園との給料に違いはある?

認定こども園で働くためには幼稚園免許保育士資格の両方の資格が必要になります。

二種類も資格を持っていると、「給料も高額になるのでは?!」と期待してしまいますよね。

ですが、資格を両方持っているからといって、何か特別な手当があるという事ではありません。

両方の資格があっても手当てはないため、給料に関しては幼稚園や保育園とさほど差はないと考えても良さそうです。

更に、幼稚園や保育園と差がないのは給料の額面だけではありません。

同じ認定こども園でも、公立か私立かによって給料に違いが出るという点でも同じです。

幼稚園や保育園同様、公立の認定こども園で働く場合は、公務員に当たりますので私立に比べると給料は高くなります。

認定こども園の給料の仕組み自体は保育園に近く、各施設によって給料にも差が出てきますので詳しくは各自治体のホームページなどをチェックしてみてください。

 

そもそも認定こども園とは?

そもそも、認定こども園とはどのような施設なのか、詳しくご存知でしょうか?

認定こども園は幼稚園と保育園両方の特性を持っている新しい保育施設です。

今までの保育園や幼稚園と大きく異なるところは、内閣府が認定こども園の管轄になるというところです。

つまり保育園が管轄にあたる厚生労働省、幼稚園が管轄にあたる文部科学両方のいいところどりをした施設ということになります!

そんな認定こども園には色んなタイプの施設がありますので、認定こども園の種類、そして務める場合に必要な資格についてご紹介しましょう。

こども園はいろいろなタイプがある!

認定こども園は、以下の4つのタイプに分けられます。

1.保育園型
2.幼稚園型
3.幼保連携型
4.地域裁量型

タイプによって、少しずつ保育内容や預かり時間などが異なってくるのでもう少し詳しく見ていきましょう。

 

1.保育園型

元来の保育園に近いタイプです。

異なる点は、今までは事情があり保育に欠ける事(仕事・育産休・介護など)が受け入れの条件でしたが、保育が必要というわけではない子ども(共働き家庭ではないなど)も受け入れが可能です。

また保育だけではなく、教育の部分も受ける事が出来ます。

 

2.幼稚園型

元来の幼稚園に近いタイプです。

従来の幼稚園と異なる点は、今までは主に14時前後の降園が義務付けられていましたが、延長保育が可能になったという点です。

園に申請を行えば保育園のような長時間保育を行うことも可能となりました。

従って教育だけでなく保育も受ける事ができる特徴があります。

 

3.幼保連携型

幼稚園と保育園どちらの特性も持っている特殊なタイプです。

小学校との連携があり、スムーズに初等教育へ進むことが出来るように保育・教育両方を行っています。

同じクラス内でも認定の号の違いで保育時間が異なる子どもたちがたくさんいるので、間違えないように注意が必要です。

 

4.地域裁量型

幼稚園・保育園ともに認可のない地域で、待機児童を解消するために設置されたタイプです。

保育時間や内容については他の認定こども園と大きな違いはありませんが、その地域の保育事情が色濃く反映されており、地域と施設によって特色が異なります。

地域裁量型の認定こども園への就職を希望される場合は、予め事前にどのような特色があるのかを調べておくことをおすすめします。

 

こども園に勤めるには資格が必要!

先ほども少し触れましたが、認定こども園(特に幼保連携型)で働くためには、保育士資格・幼稚園免許の両方が必要になります。

しかし、すべての職員がこの2つの資格が必要というわけではありません。

助保育教諭と講師は、幼稚園免許の臨時免許でも働くことが可能です。

また、教育・保育補助者は無資格でも働く事ができます。

しかし、今あげました3つの役職の場合は非常勤での雇用になったり、常勤であったとしても給料が保育教諭に比べて安かったりする場合が多いですので、お気を付けください。

 

こども園と保育園、幼稚園の働き方の違いとは?

これまで認定こども園と保育園・幼稚園の給料や資格の違いについて紹介してきましたが、実際に働くとなると「働き方の違い」というのも気になるところなのではないでしょうか。

幼稚園的な仕事内容、保育園的な仕事内容の両方を併せ持つ認定こども園の働き方の違いや、メリット・デメリットをご紹介いたします。

【メリット】
預かることが出来る子どもの年齢が0歳から就学前までと幅広く、小学生との交流があるなど異年齢教育に力を入れているところが多いため、様々な経験を積むことが出来ます。

また、処遇改善やキャリアアップ制度が受けられますので、頑張りに応じて給料アップを目指すことが出来ます。

【デメリット】
日中保育のみの幼稚園とは違い一日の保育時間が長いため、勤務時間が不規則になりがちです。

また、異年齢保育や認定の号によって保育時間が大幅に変わってくるため、行事の練習や設定保育に気を付ける必要があります。

幼稚園や保育園の要素を併せ持つ認定こども園だからこそ、メリットやデメリットも特徴がありますね。

認定こども園への就職を考える際には、このメリットとデメリットを知っておくことをおすすめします。

転職支援サイト保育士バンク!」で職場の雰囲気や働き方を無料でチェック♪

保育士と幼稚園教諭の転職に使える嬉しいサービスをご紹介中!

記事はコチラ

 

まとめ

認定こども園の保育士の給料(平均)や初任給をメインに、働き方の違いやメリット・デメリットなどをご紹介しました。

認定こども園は保育園幼稚園両方の特色があるので、保育士の皆さんは様々な経験をする事が出来ると思います。

その反面“保育だけ”でも“教育だけ”でもいけないため、保育士自身も学ばなければならないことがたくさんあります。

認定こども園への転職や就職に興味を持たれましたら、自身のやりたい保育に合う施設かどうか、是非一度詳しく調べてみてください。


-保育士, 保育士転職, 幼稚園教諭

© 2021 保育士転職研究所