保育士 保育士転職

保育士の転職理由~50代は需要アリ!転職先の探し方と対策ガイド~

保育士の転職理由、50代はどのような理由があるの?おすすめの転職先は?その疑問を解決します!

経験豊富な50代保育士は、とても需要があります。

転職を考えているなら、是非チャレンジしてみてください。

50代保育士ならではの転職理由である、体力面、キャリア面、やりがいの3大不安はこれを見れば、解決できます!

転職で失敗しないために、50代保育士にオススメの探し方もチェックしましょう。

この記事では、50代保育士が転職成功するための方法をご紹介します!

 

保育士の転職理由・・・50代でも大丈夫?

現代において、50代保育士は保育業界で重宝される存在であり、とても需要があります。

何故なら、保育士は他の職種と比べると、あまり年齢に縛られることなく働ける仕事だからです。

共働きの家庭が増え保育園の需要が高まる中、最近は保育士不足が問題視されており、新卒からベテランまで、幅広い世代の保育士が重宝されています。

ですので、若い保育士はもちろんですが経験値豊富な50代保育士も、あちこちで求められています。

さらに50代保育士は、保育士全体の10%を占めており、現役で活躍しています。

フルタイムでの勤務も可能であり、若手や中堅保育士と変わらない活躍ができるでしょう。

もし転職を考えているのであれば、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

保育士の転職理由と対策~50代の場合~

50代保育士の転職理由は、主に体力面、キャリア面、やりがいの3つが挙げられます。

保育士は、人員不足もあり転職しやすい仕事です。

しかし、何も考えずに転職してしまうと、新しい環境に馴染めず、何度も転職せざるを得ない状況になる場合もあります。

50代ならではの転職理由とその対策方法をチェックし、より有意義な転職活動にしましょう!

 

体力面での不安

現役保育士でも、またブランクのある保育士でも、50代の場合は体力面の不安が挙げられます。

年齢を重ねると、体の不調が生じるようになり、仕事についていくことが難しくなり、転職せざるを得ないことがあります。

特に、子供を日々抱っこしなければならないのが当たり前で、腰痛が酷くなり、仕事が続けられなくなる場合もあります。

また、子供達のお世話をするだけでなく、イベントの準備や持ち帰り残業で制作をするなど、ハードな仕事も多く、体力を要します。

保育士は、健康状態や体力面の問題が、非常に重要な仕事です。

50代保育士としては、できるだけ負担の少ない職場や働き方を見つけていくのが最適です。

 

キャリア面での不安

保育士として、主任や園長のような管理職に就きたいと思ってもできない場合、転職を考えることがあります。

今の職場で働き続けても、キャリアアップできないと考えた場合、他の保育園に転職することで、少しでも可能性を広げることができます。

都心部では、待機児童問題が深刻なため新設される保育園も多く、主任や園長の求人も見つけやすい傾向もあります。

新設保育園のオープニングスタッフとして新しいキャリアを開いていくのもオススメです。

 

やりがいのある仕事がしたい

今までの仕事の業務がルーチンワーク化してしまい、やりがいを感じられなくなってしまうことがあります。

自分自身がどのような人生を歩みたいのか、保育士としてどのようなキャリアを積みたいのか、深く考えたときに、やりがいを求めて転職する場合もあります。

また、50代保育士の中では、今までの経験の中でやってみたいことを見つけ、それに挑戦する最後のチャンスだと考える人もいます。

転職することで、新しいことに色々挑戦でき、生き生きと働く保育士も多いです。

 

50代保育士~転職先の探し方のポイント3つ

50代保育士は、20~40代に求められる能力と違う場合があります。

より自分の働き方にマッチした転職先を見つけるためには、求人、職場の平均年齢、保育内容などをしっかりチェックする必要があります。

50代保育士ならでは、オススメの転職先の探し方を3つご紹介します。

 

1.経験者優遇・年齢不問の求人を探す

50代保育士で転職先を探す場合は、「経験者優遇・年齢不問」と書かれている求人がオススメです。

50代保育士の強みは、経験豊富で、子供との接し方もある程度理解しており、若手と比べて落ち着いているところです。

経験者優遇・年齢不問の職場では、まさに50代保育士のような人材を求めている場合が多いでしょう。

逆に、「未経験者可」のような求人であれば、若い世代を求めている場合があるので、不利になる場合があります。

 

2.職場の平均年齢・保育内容を調べる

求人に応募する前に、転職先の平均年齢・保育内容をチェックしましょう。

平均年齢は、できれば様々な世代の保育士がいる職場をオススメします。

保育士の仕事は、職場内の人間関係を上手く築くことができないと、有意義に働くことができません。

保育士間の情報共有や、連携プレーが大切になります。

特に50代保育士の場合は、若い保育士ばかりの職場に入ると、価値観の違いが大きくなり、人間関係が築きにくくるケースもあります。

また、新人にも関わらず50代保育士として経験があるため、若手保育士の教育係として期待され、困ってしまう場合も多々あります。

できる限り、幅広い世代の保育士が揃っている職場の方が、価値観のギャップは少ないでしょう。

 

在籍する保育士の平均年齢を調べたあとは、転職先の保育内容が自分に向いている仕事なのか、あらかじめチェックしましょう。

何歳児対象にした施設なのか、外遊びが多いのか、知育系が多いのか、普段どのような活動をしているのか、転職サイトやホームページでチェックしておくことも大切です。

保育内容によって、体力面の問題はないか、雑務が多いのか、大きく変わってきます。

自分の得意分野が活かせる職場を探しましょう。

 

3.少人数の保育所がオススメ!

50代保育士にオススメしたいのは、少人数の保育所や乳児保育ができる職場です。

具体的には、「院内保育所」や「事業所保育所」、「小規模保育所」と言われるような保育所です。

これらの保育所は、病院や職場内の保育所や、限られた人数しか受け入れていない保育所の場合が多いです。

大体10名程度の少ない人数の園児を保育します。

もっと園児が少ない場合もあり、それに応じて保育士も少ない人数で運営するため、人間関係の煩わしさがありません。

50代保育士の環境としては、非常に働きやすいでしょう。

また、2歳までなど低年齢の乳幼児を対象にした小規模保育所もおすすめです。

低年齢の園児のお世話のため、忙しい事には変わりありませんが、体力的に無理なく働ける可能性があります。

 

【注意点】復職する前にチェックしておこう!

50代になって保育業界での復職を検討している方は、ご自身の保育士資格について確認をすることをお勧めします。

平成15年に児童福祉法が改正され、保育士資格証明書のほかに保育士証が必要となりました。

これまで保育士資格証明書のみで保育施設で働くことができたのですが、法改正によって都道府県に申請し登録の手続きを行い、保育証の交付が必要となったのです。

 

この登録をしなかったからといって、保育士の資格が失われるというものではありませんし、保育士として業務に就く予定がなければ絶対に登録しなければならないというものではありません。

ですが、”保育士”として仕事をすることを希望するのでしたら、保育士証が必要となるのでご注意ください。

 

↓保育士の定義に関する詳しい情報はこちら

登録事務処理センター(社会福祉法人 日本保育協会) 公式サイト

 

また、保育士資格を所有していない方(無資格)の中で、保育士として勤務したい方は資格取得の受験もお勧めです。

保育士資格の取得には年齢制限がなく、最終学歴が高卒以上であれば試験を受けられるので、50代での受験もOK。

無資格でも保育施設で働けますが、保育士として働きたい方はこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

50代保育士の転職おすすめサイト

50代保育士の転職おすすめサイトをご紹介します。

 

1.マイナビ保育士

履歴書添削や面接対策なども充実しており、サービスの質が高い保育士転職サイトです。

マイナビ保育士の公式サイトはこちら

 

2.保育ひろば

AIの質問に答えれば、自動で保育士の好条件求人を見つけてくれるサイトです。

全国エリアで対応しており、求人数も充実しています。

保育ひろばの公式サイトはこちら

 

3.保育Fine!

勤務地、施設形態、福利厚生、待遇など細かく求人検索ができる保育士転職サイトです。

転職マニュアルもあり、転職前の手続きや志望動機、面接などの対策がバッチリできます!

保育Fine!の公式サイトはこちら

 

4.保育士バンク!

保育業界トップクラスの求人数を誇る保育士向け転職サイトで、約28万人以上の保育士が登録しています。

専任アドバイザーがマッチする求人情報を紹介してくれるほか、履歴書や職務経歴書の作成、面接のアドバイスなど転職活動のサポートをしてくれます。

退職から転職後までしっかりとサポートしてくれるので、初めての転職でも安心して利用できます。

日本最大級の転職支援サイト「保育士バンク!」の特徴やメリットをご紹介しています♪

転職、復職を検討中でしたらチェックしてください!

記事はコチラ

保育士バンク!の公式サイトはこちら

 

 

まとめ

・50代保育士は、現役保育士全体の10%だと言われており、充分な需要があります。転職を考えているなら是非チャレンジしましょう!

・50代保育士の転職理由は、体力面、キャリア面、やりがいの不安の大きく3つがあります。自分に向いている働き方を見つけ、やりたいことが実現しやすい転職先を見つけましょう。

・50代保育士の転職は、経験者優遇・年齢不問の求人の方が受かりやすいです。

・転職先の平均年齢は幅広く、自分に得意分野が活かせる保育内容の職場が働きやすいでしょう。

・50代保育士で体力面の不安がある場合は、少人数の保育所などがおすすめです。

・50代で保育業界に保育士として復職するときは、保育士証の交付を受けているかどうか、確認しましょう!


-保育士, 保育士転職

© 2021 保育士転職研究所