保育士 保育士転職

【愛知県】公務員保育士の給料とは?相場や支援制度をご紹介!

愛知県で保育士として働く事を考えている人の中には、給料面や支援制度について気になっている方も多いと思います。

ここでは愛知県の給料相場や、実施している支援制度などを詳しくお伝えしていきます。

 

愛知県の公務員保育士の給料相場とは?

愛知県の公務員保育士は、愛知県が募集する採用試験を突破する事で就職をする事が出来ます。

これは公立保育園に限らず、医療センターなどの児童に関わる仕事などその年によって勤務先は様々です。

では、様々な施設で働く愛知県の公務員保育士の給料相場はどのくらいなのでしょうか?

初任給や全国平均年収・男女別に給料相場を比較しました。

 

初任給

気になる初任給ですが、児童相談所勤務の公務員保育士の場合、月額約22万円(調整分や地域手当を含む)となり、年収で計算すると約300万になります。

これらに勤務外手当や通勤、住居手当など様々な支援金が加算されます。

そして何より公務員ですので、昇給制度や福利厚生などが充実していることも魅力の一つです。

実は私立保育園の初任給も約21万円と、それほどの大差はありません。

しかし私立は民間保育園ですので、公務員にあたる公立保育園に比べると昇給が少なく、勤続年数で見てみると年々公立保育士のほうが給料が上がる傾向にあります。

※令和3年度の募集要項参考

 

全国平均年収と比較

愛知県と全国での平均を比較してみましたが、それほど大きな差はないようです。

全国平均:平均年収約360万

愛知県 :平均年収約370万

 

愛知県のほうが全国平均より約10万円高い金額になっているようですね!

しかしあくまで相場になりますので、勤務先や勤務形態、年数などでも変わってきますのでご注意ください。

 

男女別の年収と給料

男性:平均月収 40万

女性:平均月収 28万

男性のほうが女性より10万以上も高いという結果になりました。

しかし、初任給などは男女ともさほどの大差はありません。

給料面で変わる理由としては、女性は産休育休の利用で勤続年数が同期の男性と比べて少なくなることや、役職に就く違いなどで、年々給料に差が出てくるようです。

 

給料の差が市町村によって異なる理由とは

同じ愛知県内でも勤務地によって給料に差が出てきます。

名古屋市などの都心部に近づくほど給料は全体的に高い傾向にあり、逆に都心から離れると減少傾向にあるようです。

これらの変動は愛知県だけに限らず全国でいえる事ですが、これにはいくつかの理由が考えられます。

 

物価の違い

市町村によって保育士の給料が変わってくる理由のひとつに物価が挙げられます。

都心部に近づくほど家賃や食料品などの物価はあがります。

それに伴って給料も必然的に上昇傾向が見られます。これは保育士に限らずどの職種に関しても基本的には同じです。

 

人口数

都心に近づくほど人口は増えてきます。

共働きの家庭も多い為、田舎に比べると保育園の需要が高い傾向にあります。

子どもを保育園に預けたいと希望する家庭が増えるため、都心部では待機児童問題などが発生しやすく、給料をあげることで保育士の数を確保しようという施設側の思いもあります。

また、こういった待機児童などの問題に伴い、保育士の数が慢性的に不足しています。

そのため、一人当たりの仕事量が増えたりと保育士の負担が大きくなっています。

こういった事での離職を解消するために、都心部のほうが福利厚生が充実していたり様々な祝い金が出る保育施設も存在しています。

 

これは全国的に共通することで、愛知県でも同じ事がいえると考えられるでしょう。

 

愛知県で実施されている支援制度とは?

愛知県では、保育士にとって嬉しい魅力的な制度がたくさんあります。

ここからは公務員保育士から離れ、愛知県内で行われている支援制度をご紹介しましょう。

 

保育士修学資金貸付制度

保育士を目指している学生向けの支援制度です。

月5万円、必要に応じて入学準備金20万円就職準備金20万円を借りることが出来ます。

これらは愛知県の指定施設で働くことで返還が全額免除になるため、学生にとって嬉しい制度ですね。

ただし、全額免除にはいくつかの条件があります。

・愛知県内の指定施設で5年以上、保育士として勤務する事。

・卒業後1年以内に保育士登録を行い、保育士として就職する事。

また、こちらの制度を受ける場合は学校関係者経由での申し込みが必要になります。

申し込み手順

step
1
修学資金貸付申請書の提出

step
2
誓約書の作成、提出

step
3
借用証書の作成、提出

step
4
卒業後各種届を愛知県社会福祉協議会へ提出

※これらは変更になる場合がありますので、必ず愛知県社会福祉協議会までご確認ください。

 

保育士奨学金返済支援

保育園で働きながら奨学金を返済している保育士のための支援制度です。

毎月1万円、最大3年間の支給が行われます。

これらは養成施設を卒業し、資格取得より1年以内に就職した保育士が対象となりますのでご注意ください。

 

保育士就職支援研修会

保育士就職支援研修会は、社会福祉法人愛知県社会福祉協議会愛知県保育士・保育所支援センターが行っている研修会です。

この研修会では主にブランクのある人や未経験者を対象に開催されており、保育の魅力や保育の現場でのお仕事などを紹介しています。

保育士就職支援研究会は保育士資格保持者はもちろん、資格を持っていない方でも「保育に興味がある」方であればどなたでも参加することができます。

保育業界の事を知ることができるので、学生さんにもおすすめの研修会です。

資格はもっているけれど現在保育の仕事をしていない方や、ブランクがある方、保育の仕事に関心がある方は是非参加してみてくださいね!

参加を希望される方は、愛知県保育士・保育支援センターの公式サイトに掲載されている応募方法をご確認の上、お申し込みください。

※無料で参加できます。
※定員数に限りがあります。(申し込み先着順)

 

まとめ

愛知県は支援制度が充実しており、保育士としては働きやすい環境かもしれません。

しかしその裏で待機児童問題や保育士の人手不足などの問題もありますので、就職するときは色んな保育施設を見比べることをおすすめします。

焦らず自分にとって一番働きやすい環境を選んでくださいね!

支援制度も上手く活用してみてください。


愛知県で保育の仕事を探すなら保育士バンクがおすすめ!

はじめての転職も安心できる充実のサービス内容をご紹介します♪

記事はコチラ

-保育士, 保育士転職

© 2021 保育士転職研究所